カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの交通事情 > バンクーバーの公共交通機関

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

バンクーバーの公共交通機関

2012年9月21日
バンクーバーの公共交通機関といえば、バス・スカイトレイン・シーバスの3種類があります。こういった公共交通機関を使用する際の料金は、「ゾーン制」となっています。このゾーンというのがメトロバンクーバー内に3ゾーン制定されており、ゾーンによって値段が変わります。例えばバンクーバーから2ゾーン内のバーナビーに移動する際は、2ゾーン分の値段を支払いますが、ここで注意しなければならないのが、たとえ1駅であってもゾーンを超える場合は2ゾーン分の料金を支払わなければならないことです。その代わり、一度値段を支払ってから90分以内は料金を支払ったゾーン内であれば自由に何度でも再乗車することが可能です。

ctmhz_metro_vancouver_fare_zone_map.jpg
このゾーン制度、一度慣れてしまえば非常にわかりやすく、90分以内であれば再乗車可能というのもありがたいですね。また、平日6時半以降と、土日祝日はすべてのゾーンにおいて1ゾーン運賃で90分間乗り放題です。




乗車賃は、「大人料金」と「コンセッション料金」が制定されています。コンセッション料金は、簡単に言うと「子供&シニア用割引料金」です。5歳から13歳までの子供、学校から支給される学生証(GoCard)を持っている14歳から19歳までの学生、そして65歳以上のシニアがこのコンセッション料金を使用します。4歳以下の子供は無料です。

料金:
1ゾーン(黄色):バンクーバー 
⇒ 大人CAD2.50 子供&シニアCAD1.75

2ゾーン(赤):バーナビー/ニューウエストミンスター、リッチモンド、ウエスト&ノースバンクーバー
⇒ 大人CAD3.75 子供&シニアCAD2.50

3ゾーン(緑): コキットラム/ポートコキットラム、メープルリッジ、サーレー、デルタ、ラングレー
⇒ 大人CAD5.00 子供&シニアCAD3.50

※値段表記は2012年9月現在のものです。

以上がバンクーバーの公共交通機関を使用する際の値段に関する基本情報です。ゾーンごとの料金や、どの市が何ゾーンかという詳細は、トランスリンクのホームページでもご確認いただけます。

次回は、運賃が少し割引される回数券である「バスチケット」や日本の定期のような「マンスリーパス」についてご紹介したいと思います。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/27

« 前の記事「カナダのビザって?」  |  次の記事「バンクーバーの公共交通機関:支払い方法」 »