カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの食事 > サンクスギビング・ディナー

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

サンクスギビング・ディナー

2012年10月 9日
10月の第2月曜日はサンクスギビング・デー(Thanksgiving Day)で、祝日です。日本語では「感謝祭」と呼ばれます。サンクスギビングには家族や親戚、友人などが集まり、ディナーを食べます。通常、グレービーソースやクランベリーソースで食べる七面鳥のローストや七面鳥の肉汁がたっぷり染み込んだパンのスタッフィング、マッシュポテト、スクウォッシュやインゲン、小さなキャベツのような見た目の芽キャベツなどを使った野菜のキャセロールなどが定番です。食後はパンプキンパイで締めくくります。

今年は友人10人ほどで集まってサンクスギビング・ディナーをすることになりました。まずは、食料の買い出しへ。10人分のディナーなんてめったに作らないので、かなりの量の食糧を買い込みました。
CIMG5928.JPG
また、七面鳥を一匹丸ごとローストするのには相当な時間がかかるため、それだけでも一日仕事です。料理好きなルームメートと一緒に人生で初めて七面鳥を調理しました。

CIMG5936.JPGオーブンに入れること4時間。七面鳥の丸焼きができました!

「七面鳥を食べると眠くなる」とよく聞きますが、これって七面鳥がどうのじゃなくて、七面鳥をメインにしたディナーの際はディナーの品数も多く、特別なイベントの日であり、家族や友人が集まる日であり、みんながおなか一杯食べ過ぎるため、満腹から睡魔が訪れるってことだと思います。みんなで集まって、話して、笑って、満腹食べて、寝る。とっても幸せな日ですね。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/62

« 前の記事「ホームレス問題」  |  次の記事「チップに関するガイドライン」 »