カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの街角 > ハッキングされた電光掲示板

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

ハッキングされた電光掲示板

2012年11月 5日
643959_10151133009627798_1302618848_n.jpgバンクーバー郊外のサーレー市で、道路わきの電光掲示板が何者かにハッキングされたとして話題になっています。もともとこの掲示板は、最近変更されたゴミの収集スケジュールを住民に伝えるべく、「月曜日は有機ゴミ("Monday is organics")」と書かれていました。それが、10月15日になると「毎日大麻を吸いましょう("Smoke weed everyday")」と書き換えられてしまったようです。

この電光掲示板は、サレー市から委託を受けた交通整理会社がプログラミングや管理などを請け負っているものですが、今回のハッキングは、何者かが掲示板のパネルにアクセスし、手動で掲示されるメッセージを書き換えたものと見られています。

また、今回のハッキングが初めてではなく、なんと何か月か前にもサーレー市内の工事現場横に設置された電光掲示板に、スコットという男性のある性的経験を暴露する不適切なメッセージが掲示されたこともありました。

電光掲示板のハッキングは米国などでも時々見かけられるそうですが、なんとサーレー市での大麻に関するメッセージの1週間前には、米国オレゴン州ポートランドで道路工事とそれによる渋滞を知らせる掲示板がハッキングされ、「この先ゾンビに注意!("Warning, Zombies Ahead")」と書き換えられる事件もあったそうです。

こういういたずらは、行政にとって迷惑なだけでなく、掲示板を見ようとする車や写真を撮ろうとする運転手などから、渋滞や事故のもとになるので絶対にやってはいけません!でも私が運転中にこんな電光掲示板を見かけたら絶対笑ってしまうと思います...。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/132

« 前の記事「サイクリストの街バンクーバー」  |  次の記事「マクドナルドがコーヒー豆の販売を開始」 »