上海 生活

上海生活記 > 上海の移住ビザ事情

■プロフィール

■森美樹

各国の生活

■カテゴリー

中国の長期観光と滞在用ビザ事情2

2012年10月19日

中国に出張などで長期滞在する時のビザについて説明します。結構私の周りには、自分で起業していて拠点は日本だけど中国と行ったり来たりしているという人が多いので、そういう人はビザをどうしているのでしょう。中国のビザはアメリカやヨーロッパに比べてすごく取りやすいので、書類さえきちんとしていれば取れないことはあまりないと思います。

出張用のビザはFビザ(訪問ビザ)で3ヶ月、6ヶ月、1年、2年など色々あります。更に一回あたりの滞在期間が30日、90日、180日と分かれています。更に1回しか入国できないシングルエントリー、期限中何度も出入国できるマルチエントリーなどに分かれています。

それぞれ取得に必要な書類、費用などは代行する旅行会社によって微妙に違うので比較検討してみて下さい。旅行会社によって出張証明書が必要だったり、申請用の書類のフォーマットが違ったりします。

召喚先の名前や住所を書く欄があるのでそちらに中国での取引先などの情報を記入します。(基本的に記入してあればOKでわざわざ一件一件確認したりしないので気楽に考えて大丈夫です)。

これらのビザの中でも最強なのが2年マルチビザで一回につき180日まで滞在できます。これがあるとビザのことを気にしなくてよいのでしょっちゅう中国に行く人には便利だと思います。

今マルチビザは前に中国に行ったことがある人しか申請できないようになっているようです。ビザの申請条件も時々変わったりするみたいなので、申請前に旅行会社に確認してみると良いと思います。  

中国の長期観光と滞在用ビザ事情1

2012年10月18日

 今日は中国のビザについて説明します。仕事で居留許可証を取るときには会社が主に書類を準備したり手続きもしてくれるので問題ないとして、中国を長期旅行したいとか個人的に出張で何度も行く必要があるという場合はどうしたら良いのかを説明します。ご存知な方も多いと思いますが、中国は日本人の2週間以内の滞在ならビザが要らないので短期旅行なら問題なしです。

長期観光の場合も実は簡単で、日本で旅行会社に頼めば6ヶ月の観光ビザなら簡単に取れます。費用にはばらつきがありますが大体1万円以内です。会社によって色々なのでネットで比較してみるとよいです。

時々費用を抑えるためか上海で自分でビザを取ってから中国旅行に出かけようとする人がいますが、手続きの面倒くささと待ち時間(1週間ぐらい)を考えると日本で取ったほうが手っ取り早いのに...と思います。

なぜなら上海は最近物価が高いので1日あたりの滞在費がかかる&上海は観光地は少ないのですぐに見終わってしまう&早く他の場所に行きたいのに時間がもったいないというわけで旅行前にビザは取っておいたほうが良いと思います。特に長期旅行者にとっては物価が中国一高い上海の滞在日数はなるべく短いほうが良いのではないでしょうか。

たしか1ヶ月だったら中国国内で更にビザの延長が出来るはずですが、地方の政府の解釈、その時の政治情勢によってビザの取りやすさも変化するので必ずとは言えません。

 
« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »