上海 生活

上海生活記 > 上海生活の隠れた穴場 > 上海でちょっとプリントがしたい時は‐「TONEKING-上海同昆数码印刷公司」

■プロフィール

■森美樹

各国の生活

■カテゴリー

上海でちょっとプリントがしたい時は‐「TONEKING-上海同昆数码印刷公司」

2013年1月25日

 上海にも何件かフェデックス・キンコーズがあり印刷と運送業務を行っています。英語も通じるので便利なのですが、ちょっと値段が高いのが難点です。街中にもたくさん印刷・コピー屋がありますが、意外と高いうえにクオリティも悪いので使い物になりません。

 そんな時は静安寺の避風塘の裏にある「TONEKING-上海同昆数印刷公司」が便利です。A3だったら1枚2.2元で印刷できます。クオリティもよく紙も色々な種類から選べます(厚い紙や写真用のコート紙を選ぶとやや高くなります。)

印刷以外にもラミネート加工や装丁などもしてくれます。大判印刷も可能なのでポスターなども印刷でき、裏にスチレンボードを貼ったり、壁に貼る為にシールをつけたりも出来ます。

印刷は混んでいなければ30分くらいで終わりますが、追加の加工を頼んだり混んでいるとそれ以上かかります。ここはデザイン関係者の御用達プリント店なので、平日の昼間は結構混んでいます。年中無休で24時間営業なので週末や夜に行くと空いています。

印刷の見本をすぐに見ることが出来、その場で簡単な修正なども出来ます。印刷用の部屋と加工用の部屋に分かれていて流れ作業になっています。待合室もあるのでそこで待っていても良いのですが、間違いがないように作業を時々見に行った方が安心です。

TONEKING-上海同昆数印刷公司」はあくまでも小ロットのスピード印刷向けで、部数が多い場合(500部以上)は印刷工場に注文した方がコストがかかりません。同昆はプレゼン用などで少し印刷したいときには便利です。

静安区常熟路10010号甲宝立大厦2-3(近華山路)  021-62491199

 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/263

« 前の記事「紹興酒と紹興料理の店‐「孔乙己酒家(コンイージージュウジャー)」」  |  次の記事「なぜ上海の銀行は月末に混むのか?」 »