上海 生活

上海生活記 > 上海の生活コスト

■プロフィール

■森美樹

各国の生活

■カテゴリー

上海の物価情報‐本日の買い物より

2013年2月 3日

 今日はなんだか風邪気味なのでご飯を作るのが面倒で、スーパーで冷凍食品でも買ってきてしまえとスーパーに買出しに行きました。

そのスーパーは結構輸入食品も売っているので気に入っていますが家から歩いて10分かかります。すぐ近くにも他にスーパーはあるのですが品揃えがイマイチなのです。

まず、冷凍食品コーナーでお気に入りのニチレイ食品の冷凍日式焼き餃子を買います。(同じく18.3=272)。これは私が試してみた日式餃子の中で一番おいしいと思います。他のメーカーのも食べてみましたが肉の味がきつかったりしてよくありませんでした。しかも40個くらい入っているので結構持ちます。

さらに、ニチレイ食品のチーズマカロニグラタンを発見し買ってみました(18.3=272)。餃子と同じ値段なので割高なのですが、食べてみたら確かに日本で売ってる冷凍のマカロニグラタンと同じ味がします。

さらに、風邪に良いのではと野菜スープでも作ろうと野菜を色々買います。パプリカ2個(3.1=46.2)、キャベツ(7.5=112)、ねぎ(2.4=36)、じゃがいも4個(3.5=52)、しめじ(5.6=83)、トマト3個(5.6=83)でした。

そして、緑茶(西湖龍井茶)100g36=536円を買います。高級な西湖龍井茶はもっと高くて新茶だと500g=2000元とかするのもあります。冬に買うと大分安くなってます。普段飲むのならこれくらいの値段でも十分ですが、高級な西湖龍井茶はほんとうにおいしいので機会があれば是非試してみてください!

Gyoza.jpg

 

中国サーモン事情‐なぜサーモンが人気なのか?

2013年1月17日

 今まで市場で魚を買うのはなんとなく避けていたのですが、どうしても鮭の入った石狩鍋が食べたくなったので近所の市場でサーモンを買いました。寒いから遠くのスーパーまで行きたくなかったのです。

 鮭の切り身3切れ分取れそうな大きさで38元(540円)だったのでやっぱり海の魚は日本の方がちょっと安いみたいです。味のほうは身が煮た後も柔らかくておいしかったです。冬の鮭はやっぱりおいしいですね。

なんだか中国人はサーモンが好きらしく、安いチェーン店の寿司店にもサーモンはあるのに、マグロはめったにありません。マグロを買いたいときはデパ地下の食品売り場とかカルフールやシティショップなど外資系スーパーに行きます。

 食べ放題コースがある日本料理屋で料理人をしている知り合いの話によると、中国人は本当にサーモンばかり頼むから毎日サーモンばかり切っているそうです。じつはマグロのほうが高いので食べ放題の場合マグロを頼んだ方がお得なのだそうです。

 やっぱり赤身のマグロよりは油の多いこってりしたサーモンの方が外国人受けしやすいのでしょうか?そういえば中国に限らずマグロよりサーモンの方が人気がある気がします。

 あと、内陸部出身の人は海鮮自体があまり好きではなく、鮮魚が全然食べられない人も多いです。それから、やはり日本独特のダシの味とかもなかなか分かりにくいらしく、煮物とか地味なメニューはあまり人気がないので、あまり置いてない日本料理店が多いのが残念な所です。

 

高いものと安いものの差が激しい上海

2012年12月28日

 日本に比べたら大分安いとは言うものの、上海の物価は中国の中では一番高いと言われています。種類によっては日本より高いものもあります。

 最近近所で購入したものの値段を紹介します。1元=13.82元で計算してます。牛乳500ml6元(83円)、ヨーグルト=同じく6元、とろけるチーズ10枚入り=22元(304円)で乳製品は一般的に高めです。ヨーグルトとチーズ大好きな私としては辛いところです。

 明治の板チョコ(大)=20元(277円)、チョコレートも輸入品がほとんどで贅沢品に入るのか日本より高いです。

 近くの野菜市場でキャベツ1玉、トマト2個、大根1本、セロリ1束=まとめて11元(152円)と野菜は格安です。

 みかん5個=5元(69円)、果物は全般的に安いので助かります。アボカドなど珍しいものはデパ地下に行かないと売ってないし、アボカド2個で50元(690円)くらいするので日本より大分高いです。

 安いものと高いものがきっぱり分かれてるのが特徴です。家で自炊すれば月々500元くらいで足ります。私はあまり家では肉を食べないので特別安いのかもしれません。しかし、それ以外にたいてい週に何回かは外食になるので、トータルで食費は月に数千元はかかることになります。

 とはいえ、他の生活費‐家賃、交通費、光熱費が安いので生活費はあまりかかりません。収入に対し食費の占める割合が高いのでエンゲル係数は高くなってしまっています。日本にいるときより収入は減っても使う分が少なく、結果的に無理なく余ってしまうので貯金も出来てます。

 

なぜか安い上海の光熱費と支払い方法

2012年11月25日

今日は上海での光熱費について書きます。日本の光熱費に比べて驚くほど安いです。

今月来た請求書によると、電気代58.3元(1ヶ月分)、水道代53.2元(2ヶ月分)、ガス代45元(2ヶ月分)と非常に安いです。(今1元=13.2元くらいです)。一ヶ月あたり日本円で1,000円かかってない計算ですね。

先月エアコンを使ってないので電気代が特に安かったのですが、夏や冬はもっと高くなります。といっても確か夏で150元、冬で300元くらいです。私は夏に強く寒がりなので冬のほうが電気代がかかります。

支払方法は伝票が郵便受けに届くので、期限までにそれを持ってコンビニ・郵便局・銀行などの窓口で払う方法と、銀行口座から自動引き落としの方法があります。期限までに支払えなかった場合は、伝票の裏に書いてある各営業所窓口に行って支払います。

出張などで日本と上海を行き来しているような人は、わざわざ期限までにコンビニなどに支払いに行くのが面倒なので、銀行引き落としが楽で良いですね。銀行引き落としは、銀行のカードとパスポート、光熱費の伝票を銀行窓口に持っていけば手続きできます。(銀行口座はパスポートを持っていけば誰でも簡単に作れます。)

上海は家賃や光熱費など基本的な生活費が日本に比べてまだまだ安いですし、家で自炊すれば食費も相当安く済みます。その反面、しょっちゅう外食で美味しいものを食べたりも出来るのが良い所です。本人の好み次第でいくらでも質素に暮らせるし、逆にいくらでも贅沢にも暮らせるのが上海の面白い所だと思います。

 

上海での引越しの仕方について

2012年11月24日

上海で引越しをする場合一番気軽で安上がりなのが、96811に電話して大衆タクシーの0.8tトラックを日時を指定して家まで来てもらいます。(上海には0.8tトラック型タクシーもあって荷物を運ぶのには便利です。)同じ時間に友人数人に頼んで家まで来てもらい、荷物をトラックに載せるのを手伝ってもらいます。トラックには一人しか乗れませんので、友人達は別のタクシーで引越し先まで行ってもらいトラックの荷物を下ろすのを手伝ってもらいます。

しばらく使ってないので少し値上がりしてるかもしれませんが、トラックタクシーの初乗り価格は22元くらいなので、市内なら大体50元以内で足りると思います。(運転手さんは基本的に荷物の積み下ろしは手伝わないのでそれは自分でやらなければなりません。)運送費用が安く済んだ分で手伝ってくれた友人たちにお礼にご飯をごちそうすればみんなで楽しめて一石二鳥です。

地元の引越し屋さんに頼む場合結構悪質なケースが多いと聞いています。私の経験では引越しの初期費用は200元で、荷物が少ないから二人で十分と伝えたにも関わらず人が4人も来てしまい。更にエレベーターから家までの距離分の料金まで加算され、最終請求が500元とか言われたことがあります。この様な業者が結構あるらしいです。

それ以外に日系の運送会社を頼むと上海市内で梱包つきで大体1000元です。態度も良く日本語でやりとりが出来るので、ちょっとお金を余分に払ってでもこちらの方が余計な面倒がなくてストレスにならないので良いかも知れませんね。

 

中国で家を借りる方法(2)

2012年11月19日

 家を借りるために不動産屋に行くときは、中国語が話せない人は中国人の友達に付き添ってもらい、契約の時も一緒に行ってもらったほうが良いです。物件探しも契約もやることは毎回同じなので、一度経験してしまえば次からは一人で行けるようになると思います。

 物件を見に行く前に譲れない条件をリストアップしておくと不動産屋さんも物件を紹介しやすいし、無駄な物件を見に行かなくて済みます。私の場合は高いところが嫌いなので5階以下、ベランダ、バスタブ付き、が絶対条件です。

 上海だと家のベランダ部分も開閉可能なガラスで覆ってある事が多く、私は最初は違和感を覚えたのですが、実際住んでみると空気が埃っぽくて春は黄砂も飛んでくるのでガラスでカバーされている方がベランダが汚れなくて良いのだと分かりました。

 あとは、基本ですけどトイレの流れ具合、ガス台の点火具合やお風呂のお湯の出方などはちゃんと点検したほうが良いです。シャワーは時々電気のボイラーを使っている物件もありますが、途中でお湯がぬるくなってくるので絶対ガス給湯器を使っている物件の方が良いです。

 最後に大家さんと契約が済んだら、最寄りの公安局に契約書類とパスポートを持って行き、「外国人臨時住宿登記表」という届出を行います。これは外国人が住所を登録しておく制度で、一時帰国などして中国に帰ってきた時に毎回派出所に行って更新します。

 面倒くさいですがこれは外国人の身元確認と安全保障も兼ねているので大事なので忘れないようにしましょう。(と公安の人が前に言っていました。)

 

中国で家を借りる方法(1)

2012年11月18日

中国で外国人が家を借りるのは実はとても簡単なのです。パスポートとお金さえあれば借りられます。中国では3ヶ月に一回ずつまとめて家賃を払います。大抵は大家さんの口座に銀行振り込みですが、大家さんがすごく近所に住んでたりすると現金を直接手渡しすることもあります。

家を借りる時にかかる初期費用は、最初の家賃3ヶ月分+デポジット1ヶ月分で、デポジットは退去時にほとんど全部返ってきます。もし家の破損箇所などがあった場合、大家との話し合いでデポジットから修理代を支払います。私の経験では毎回全額返って来ています。それ以外には不動産屋で物件を探した場合、仲介料が家賃の35%かかります。これは日本とだいたい同じですね。

中国にもネットで物件を紹介しているサイトがたくさんあって、百度で「地名+租房」で検索すると出てきます。ネットの場合問い合わせしたら既に物件が借りられていることも多く、悪質な場合は実際の物件と全然違う写真を載せたりしています。ネットは家賃の相場などを調べるのには使えますが、住みたいエリアの不動産に直接行ったほうが新しい物件を紹介してもらえるので良いと思います。

中国の物件の面白いところは一件一件内装が全然違って、すごく古いアパートなのに内装はすごく綺麗だったり、逆に高級マンションなのになんか安っぽい内装だったりします。家探しの時は1日そのために使って不動産屋を3件くらいはしごして、何件か見てから一番気に入ったものに決めると良いと思います。

(2)に続く

 

上海ローカルによる物価情報(1)

2012年10月 5日

 実際上海に住んだら物価はどんな感じなの?ということで、時々色々なものの物価を例に挙げてみたいと思います。ちなみに値段も買う場所によって変わるのであくまでも目安です。(現在1元=12.5円くらいです。)

 基本的に食材を買うのはスーパーか野菜市場です。時々カルフールとか久光(日系デパート)シティショップ(おしゃれスーパー)とかでよいお肉や輸入食材・調味料とかも買ったりします。

 ローカルな野菜市場は行ったことない!っていう上海在住の日本人も多いと思うけど、それはもったいないと思います。野菜市場の方がそのへんのスーパーより新鮮で、野菜の種類も多いし、安いです。あと、いろんな店が入ってるからいちばん良さそうな店を選べます。例えば今日はにんじんはあの店が良さそう、など。でも結局大体いつも同じ店に行くようになって、何も言わなくても少し負けてもらえるようになります。

 ちなみに最近の買い物によると、にんじん53.5元、ほうれん草一束3元、バナナ7本6.5円、りんご5個13.5元、牛乳1L9.5元、ゴーヤ()3.2元、水5L9元などです。上海は物価が高いといっても野菜や果物はまだ安いというのが分かると思います。

 外食した場合ケンタッキーのセットで29元とかします。日本料理屋で単品色々頼んで晩御飯とかだと200元くらいでしょうか。ローカルな中華料理だと100元くらいです。

 外食費は5年前に比べて2倍くらいになっていると思います。日本食に関しては値段はあまり変わってないと思います。でも、中国人客が圧倒的に増えました。それほど、日本食の人気が上がったということと、人々が豊かになっているということだと思います。

 

コンタクトレンズを買ったら一箱ついてきた!

2012年9月14日
 いつもコンタクトレンズは日本で買ってるんだけど切らしてしまったので、徐家匯のめがねのパリーミキ(天鑰橋路)まで買いに行ってきました。いつも使ってるフォーカスデイリーズの1日使い捨てがあったので、「これ下さい。」って言ったら「度数は?」と聞かれて「400450」って言ったら(中国ではなぜか度数の読み方が違うのです)。「今二箱買うともう一箱ついてくるキャンペーン中だけどどっちの度数がいい?」って言われて、びっくりしちゃいました。

どっちがいい?って言われても右目と左目度数が違うし、どっちの目を選べばよいのか良く分からないし、片目分だけ多くもらっちゃったら次に買うときになんかめんどくさいし、てなことが一瞬のうちに頭に浮かんだのですが、結局とっさに返事を出来なかった私を見て店員さんが「じゃあ400のほうでいいですかー?」って勝手に決めちゃいました。

しかも、「更に4箱買えば2箱ついてきますよー。」とか言われたんだけど、そんなにいらないしコンタクトはホントは日本で買ったほうが安いからやめときました。

今日買ったコンタクトはチバビジョンのフォーカスデイリーズの新しい種類のアクアコンフォートプラスっていうので、2箱で498元だったから結構高いと思います。日本でネットとかで買えばもっと安くすみますから。とはいえ中国でもタオバオで買えばきっと安いのもあるんでしょうね。まあ来月に日本に一時帰国する予定だから今日買った分で全然足りるし一安心です。

 
« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »