上海 生活

上海生活記 > 中国人の特徴 > 中国結婚事情-共働きの世帯が圧倒的に多いです

■プロフィール

■森美樹

各国の生活

■カテゴリー

中国結婚事情-共働きの世帯が圧倒的に多いです

2013年3月21日

 前は中国人女性に対しては保守的なイメージを抱いていたので、上海に引っ越してきてから意外に思ったのが、中国は女性の社会進出が進んでいて結婚してからも働き続ける女性が多いということです。これは、中国共産党が政権を取った1950年ごろから共産党の政策として男女平等が謳われた影響が大いにあると思います。

 実際は友人曰く、「中国は給料が安いから2人で働かないとやっていけない。」そうで、「日本の専業主婦がうらやましい。」と言っています。彼女は中国語の先生なので、普段から優雅に暮らしている日系企業の駐在員の奥さんに接しているので余計そう感じるのかもしれません。

 働く女性の家事の負担が大きいのは中国でも同じなようですが、私が見る限りでは中国人男性は積極的に家事に協力していると思います。もともと職にこだわるお国柄だけあって料理の好きな男性が多く、スーパーや市場でも男性が食材を買いに来ている姿を良く見かけます。

 中国では子育てが一段楽した主婦や出稼ぎ労働者をお手伝いさんやベビーシッターとして安く雇えるので、出産後も仕事を続けやすい環境が日本よりも整っていると思います。

 また、上海では起業をしている女性に出会うことが日本に比べてとても多いと思います。中国人女性は強いとよく言われますが、それには経済的な自立が背景にあると思います。お金を稼いでいる分自分が言いたいことはしっかり主張するのが中国式夫婦のあり方なようです。

 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/302

« 前の記事「アートを楽しみたかったら‐ギャラリーエリア莫干山路50号「M50」へ」  |  次の記事「とてもおいしい台湾系ベジタリアンレストラン-「台湾七哥美味素食 Brother7」」 »