上海 生活

上海生活記

■プロフィール

■森美樹

各国の生活


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

上海でもお花見が出来るところ-「上海植物園」

2013年3月29日

 中国では桜よりも桃のほうが人気があるらしく、街中にも桃のほうが多いのでお花見はなかなか出来ないです。でも、中国でも日本の桜の美しさは良く知られていて、「日本の桜は綺麗だね」とよく言われますし、お花見の季節は中国人旅行者が増えるので日本行きのチケットが取りにくくなります。

上海に桜はあまりないのですが、「上海植物園」にはソメイヨシノが植えてある一角があり、自由にピクニックも出来るので上海でお花見に最適の場所です。実際桜の季節になるとあまり多くはありませんが、上海在住の日本人の方々がここでお花見をしています。

 桜があるのは植物園の中でも南西の方なので地下鉄3号線「石龍駅」側の入り口から入るとちょっと遠いですが、植物園にも春が来始めていますので散歩をしながらたどり着くと色々な植物が見られると思います。

 お花見に必要な食べ物と飲み物ですが、植物園近くには超ローカルスーパーしかないので自分で持っていったほうが良いです。植物園の中にも食堂はありますが麺や小龍包などしかないので、お花見気分を満喫したい場合は食べ物は自分で用意して持って行ったほうが良いです。ソフトドリンクは売店で売っていますがアルコール類は持っていったほうが良いです。

 やっぱり中国でお花見をすると微妙に青空じゃないし、周りも中国人ばかりなので日本でお花見をするのとは違います。ですが、異国に住んでいるからこそ時々桜を見かけると日本にいる時の何倍も嬉しく感じられるし、改めて桜って本当に綺麗だなあと思えます。

sakura.jpg

 

■カテゴリー