カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの気候 > ハリケーン・サンディー

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

ハリケーン・サンディー

2012年10月30日
西海岸が大型地震の話題で持ちきりの中、東海岸では大型ハリケーンが猛威を振るっているようです。

カナダ環境省は、29日月曜日にハリケーン・サンディーは北西に移動する際に巨大で強力な温帯化低気圧(post-tropical cyclone)に変化するとの声明をだしました。また、この変化によりサイクロンが内陸に到達する前に月曜日の夜もしくは火曜日の朝にはニュージャージー沖で増大化する恐れがあるそうです。

月曜日の午後10時から火曜日の午前5時頃にオンタリオ州の南西で暴風雨が発生することが警戒されています。トロント周辺では時速60kmの暴風と、時速80~100kmの突風、50~70mmの豪雨が予想されています。また、ケベック州で最大の降雨量が見られるとも予想されています。

特に都市部では突風で折れた大枝や根こそぎ倒れた木が電線に被害を与えたり、落ち葉が車道の排水路を詰まらせる危険性があり、豪雨に伴って洪水や浸水被害にあう地域もあるかもしれません。また、気温が氷点近くまで下がることが予想されているため、南~中央オンタリオや西ケベックでは雨が雪と混ざったり、雪に変化したりする可能性もあります。

Weather Networkの気象学者は、カナダの人口の70%にあたる最大2300万人がこの嵐の影響を受けるだろうと語っています。さすがに西海岸のバンクーバーまでこの嵐が移動してくることはありませんが、東側に住んでいる方は十分注意していただきたいと思います。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/117

« 前の記事「緊急時に備えて...」  |  次の記事「コスチュームで歩くカナダ人」 »