カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > カナダ人の特徴 > 時間にルーズなカナダ人・・・。

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

時間にルーズなカナダ人・・・。

2012年9月19日


日本だと、10分前行動は当たり前。約束時間に間に合うように、少し余裕を持って家を出るというのが一般的かと思います。それに比べ基本的にカナダ人は、「時間きっちりに到着する予定」で出発します。ギリギリで出発するわけですから、もちろんギリギリもしくは時間オーバーでの到着となります。遅れてきてもゴメンの一言もない・・・何てことも日常茶飯事です。なぜかというと、10~15分の遅刻は遅刻だと思っていない人が多いからです!

1対1の待ち合わせですら遅れる人が多いというのが現状ですが、パーティーに参加する場合はさらに遅い集合になります。パーティーの開始時間に到着しても、まだだれも来ていないということがほとんどで、早くて30分~1時間後にようやく人が集まり始めます。みんな「パーティーが盛り上がった頃に到着すればいい」と思っているので、こうなってしまうんです!

そんな時間にルーズなカナダ人を顕著に物語る笑い話があります。去年の私の誕生日会のことですが、私のパートナーがサプライズパーティーを企画してくれていました。パーティーがあるなんて知らない私が彼と会場のレストランに到着し、通されたテーブルは15人がけくらいの大きなテーブル・・・。他にも空いているテーブルがあるのに、なんでこんな大きなテーブルに座るの???と思った直後に、彼の申し訳なさそうな顔を見て理解しました。これはサプライズパーティーなんだと。サプライズパーティーといえば、主役の登場前にみんなが集まり、何も知らない主役をびっくりさせるるというのがお決まりのパターンですが、私の誕生日会は、サプライズパーティーに主役が1番乗りしてしまったという「逆サプライズ」でした。彼と定員さんの気まずそうな顔は今でも忘れられません。(笑)

そんなカナダ人の時間のルーズさにも慣れ、最近では私も「(相手が遅れることを見越して)ちょうどいい時間」に到着するようにしています。もちろん、お仕事関係の時間は厳守!!!ですけどね。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/19

« 前の記事「バンクーバーは日本人だらけ!?」  |  次の記事「バンクーバーの観光スポット1: オリンピック聖火台」 »