カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > カナダ人の特徴 > 差別に厳しいカナダ人

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

差別に厳しいカナダ人

2012年11月20日
差別とは、「正当な理由なく、劣ったものとして不当に扱うこと(広辞苑より)」です。そして、差別と一言で言っても、年齢、性別、人種、民族、宗教差別などその種類はいろいろあります。多文化国家であるカナダでは、どのような差別も非常に厳しく取り締まられています。

今回、そんなカナダの姿勢がよくわかるニュースがありました。YMCAのある男性会員が、同性愛者である他の会員に対して暴言を履いたため会員証の剥奪を受けたそうです。事の発端は、この暴言男性がバンクーバーのダウンタウンにあるロバート・リーYMCAで、ポイラーさんという同性愛者の会員に対し、同性愛者のことを形容する非常に侮辱的な言葉を発するとともに、殴ると脅した事に始まりました。実はこのニュース、少し前に新聞で取り上げられていたんですが、その際YMCAはこの暴言を吐いた男性に対し、個人的に注意はしたものの、二度目のチャンスを与えるという意味で会員証の取り消しなどの処置はとっていませんでした。

このYMCAの対応に対し怒りを覚えるとともに、自分の身の危険を感じたポイラーさんは、バンクーバー警察にこの件を刑事告発し、自分のYMCA会員証を一時停止させました。そしてこの話題がニュースになり、怒った市民からの批判や反発を受け、YMCAは前回の対応について謝罪し、差別した男性の会員証の剥奪、そしてBC州同性愛者情報提供センターなどからの協力を得ると発表しました。

また、この件とは別に最近BC州の男性が自身のウェブサイト場で民族差別的発言を繰り返したとして有罪判決が下されています。

このように、カナダでは差別に対して非常に厳しい国です。差別的発言で、会員証の剥奪のように小さな罰から、罰金や禁固刑などの重い罰を受けることもあります。罰を避けるために差別しないというのではなく、全ての人が快く生活できる環境を築くために差別をなくす努力と意識の改善が必要ですね。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/171

« 前の記事「1月1日から運賃増額!」  |  次の記事「シアトル旅行(1)」 »