カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの街角 > 行方不明女性の追悼プレート

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

行方不明女性の追悼プレート

2012年11月 2日
00_30_van_missingwomeninset_phyliciatorrevillas.jpg"コーラ・ルイス・エリス 1971年4月13日生まれ 殺害"と書かれた追悼プレートが、10月29日月曜日にダウンタウンのデパート「Bay」の前の歩道に埋め込まれました。同様のプレートは全部で62枚あり、全て殺害された女性、行方不明の女性、もしくは少なくとも23名の女性を殺害した容疑で捕まり、6件の殺人で有罪判決を受けた悪名名高い連続殺人犯であるロバート・ピックトンの被害者たちのものです。この女性達は、麻薬中毒者やホームレス、売春婦などが集まるダウンタウン東地区に出入りしていた人たちで、これらのプレートはこの女性らが「消えた」場所に設置されます。

1980年代頃からダウンタウン東地区で売春婦として働く女性などが行方不明になる事件が相次いでおり、今回設置される追悼プレートは、事件の被害者となった女性達のことを忘れず、問題を風化させることなく、特に女性の危機管理に対する認識を高める意図があるものと思われます。

月曜日に設置されたプレートのエリスさんの母親は、「特にダウンタウン東地区の女性が自分の行動や決断、それがまねく結果などをもう一度よく考える機会になればと思い、プレートの設置を承諾した」と話しています。

バンクーバーは比較的治安が良い街として知られていますが、軽い気持ちで取った行動が、取り返しのつかない事態を招くかもしれません。「自分の身は自分で守る」を念頭に、最低限の危機管理能力を養わなければ、と再認識させられました。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/126

« 前の記事「カナダ経験クラス(Canadian Experience Class)」  |  次の記事「夏時間からの変更」 »