カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの移住ビザ事情 > 中国人炭鉱労働者へのビザ普及問題

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

中国人炭鉱労働者へのビザ普及問題

2012年11月12日
ブリティッシュコロンビア(BC)州には炭鉱がいくつかあります。新たにBC州北部、タンブラーリッジ近くのムレー(Murray)川炭鉱の開発が進められていますが、この炭鉱の開発者であるHD Mining International Ltdという会社が、200人程の中国人一時労働者を雇う事を決定し、各部方面から批判の声が挙がっています。

この中国人労働者の雇用に関しては、世界一死傷者が多いと言われる中国の鉱業界から労働者を連れてくることへの疑問や、中国人労働者がアメリカ人やカナダ人労働者よりも安い給料で雇われることに対する批判、中国人労働者がこの雇用につく際に前金を支払わなければならなかった疑いなど様々な問題点が挙げられていますが、何よりも、カナダ人労働者の雇用機会を損なっているとして多くの人が反対しています。

この200人の労働者への就労ビザはすでに発行済みですが、鉱業関連の2つの労働組合らがこの就労ビザにストップをかけるべく司法審査の申請を連邦裁判所に提出しました。HD Mining社は、雇用者募集時に炭鉱開発に適切な技能と経験を持ったカナダ人労働者がいなかったとしていますが、組合はカナダ人炭鉱労働者でも、必要な仕事をこなすには十分な技能や経験があると反論するとともに、組合員の派遣者リストの中の474名が現在失職中で、その中の100人はBC州北部にいると発表しています。また、HD Miningが雇用者募集に大々的な宣伝をしていないにもかかわらず300人程の応募者がいた事や、カナダ人応募者には理不尽で不必要な条件を課したとも述べています。

この問題の結末が非常に気になるところですが、ちょうどいい機会なので、就労ビザについて次の記事でお話ししたいと思います。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/150

« 前の記事「バーナビーの幽霊屋敷」  |  次の記事「カナダの就労ビザ」 »