カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの街角 > カナダ警察が巨大な大麻生産場を発見

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

カナダ警察が巨大な大麻生産場を発見

2012年10月28日
カナダ警察(Royal Canadian Mountain Police、略称RCMP)は、メトロバンクーバー郊外のメープルリッジ市の住宅で行われていた大々的な大麻の生産場を摘発したそうです。今回の摘発では、9666本の大麻、販売価格にして約CAD1千万ドル(9億円程)と、BC州における過去18ヶ月で最大量の大麻が押収されました。

今回の摘発で、42歳男と、35歳女のカップルが逮捕されましたが、カップルには2人の幼い子供がおり、過去に逮捕歴などもなかったそうです。カナダでは、一見「普通の人」が大麻の常習者というのは非常によくある事です。また、自宅のクローゼットで自分で使用するために何本かの大麻を育てているという人もちらほらいます。それでも子供がいて逮捕歴もない一見「普通の家族」が大麻の生産に関わっていて、それもかなり大きくて本格的な生産を自分の自宅で行っていたなんて、ちょっと理解に苦しみます...。なんといっても子供がかわいそうですよね。

そうそう、BC州に住んでいると、特にハウスパーティーなどでは必ずと言っていいほど大麻を吸っている人や場面に出くわします。大麻はタバコのように一人で一本吸うのではなく、友人同士回し吸いをすることが多いので、「いる?」と差し出される事も多々あります。でも、断ったからと言ってみんなが気を悪くしたり、場の雰囲気が悪くなるという事はありませんので、はっきりとNOと言うことが大切ですよ!
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/111

« 前の記事「カナダ最小コンドが建設予定」  |  次の記事「BC州沖合で大型地震発生」 »