カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの街角 > 警察署長がギャングスターサンタに変身

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

警察署長がギャングスターサンタに変身

2012年12月14日
santa-gun-jpg_221736.jpgのサムネイル画像アボッツフォード市警のボブ・リッチ警察署長が、マシンガンを手に防弾チョッキ姿のサンタクロースの恰好をしたクリスマスカードを常習犯罪者や、ギャングや麻薬の密売に関係している人々に送ったそうです。このニュースはアメリカのテレビ番組のLIVE with Kelly and Michaelや、Anderson Cooper's Showでも取り上げられました。

サンタクロースの写真が入りカードの表には「あなたは来年、どちらのリストに載りますか?」という質問が書かれており、内側に「良い子のリストか悪い子のリストか?」と続いています。そして、自分や家族のことを考え、人生において正しい選択をすることを促すとともに、警察官と直接相談をすることができるヘルプラインの番号が書かれています。

警察署長が防弾チョッキを着たサンタでマシンガンを持っているという写真入りのカードを、警察をものともしない犯罪者たちに送りつけるなんて少し挑発的な気がしますね!でも、それこそがカードを受け取った人々の目を引き、しっかりと中のメッセージを見て、過去の自分の取った行動や判断について考えなおしてもらうための作戦なんだそうです。市警は、犯罪者たちがこのカードを見る事で、自分たちの犯罪まみれの生活を変える一歩を踏み出すよい機会になるよう願っています。


警察と言えばお堅いイメージですが、カナダの警察は結構お茶目ですね。市民の反応は90%が肯定的だそうですが、こんなくだらないことに税金を使うな!という厳しい意見もあるとかなんとか...。私はすごく面白くて斬新な良いアイデアだと思います。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/220

« 前の記事「St. Regisホテル100周年記念」  |  次の記事「カナダのタバコ事情」 »