カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの交通事情 > バンクーバーの公共交通機関:支払い方法

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

バンクーバーの公共交通機関:支払い方法

2012年9月22日
前回の記事では料金やゾーン制について説明しましたが、今回は料金の支払い方法についてお話します。

バス、スカイトレイン、シーバスの運賃は、1回きりの「トランスファー」、1日3ゾーン内すべて乗り放題の「デイパス」、10枚セットの回数券である「フェアセーバー・チケット」、1月乗り放題の「マンスリーパス」があります。

Translink_Cash_Transfer.jpgまずはトランスファーについてです。乗車直前に駅に設置されている自動販売機や、バス上で1回分の料金を支払うことで「トランスファー」がもらえます。このトランスファーを持っていると、料金を支払ってから90分間何度でも、再乗車が可能です。

04-faresavers.jpg次にフェアセーバー・チケット。10枚入りの回数券であるチケットは売店やコンビニ、ドラッグストアで購入可能です。これはマンスリーパスやデイパスも同じです。ゾーンごとにチケットがあるので、購入時には何ゾーンのチケットを買うか注意してください。私は常によく使用する1ゾーンと2ゾーン、2種類のチケットを購入して使い分けています。

05-farecards.jpgマンスリーパスは月末から来月分のものが販売され、月の初めの日から最後の日まで有効となります。このマンスリーパスも1、2、3ゾーンで値段が異なります。日本のように、購入時から1ヶ月、という形ではないので、一月まるまる使用することができない方はチケットの購入をお勧めします。

デイパスは、その名のとおり1日券です。1日中3ゾーン内どこでも乗り放題なので、1日の間に何度もバスや電車を使用する方にはお勧めです。

バンクーバーの公共交通機関は非常に発達していて便利なので、チケットやパスなどを駆使し、いろいろなところへお出かけしてみてくださいね!
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/30

« 前の記事「バンクーバーの公共交通機関」  |  次の記事「バンクーバーの観光スポット2: グラウスマウンテン」 »