カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの街角 > 記念すべき第一回『ファミリーデイ』

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

記念すべき第一回『ファミリーデイ』

2013年2月12日
8456077761_ef455b7cc8_n.jpgのサムネイル画像今日2月11日は、BC州における記念すべき第一回目のFamily Day(家族の日)
です。そのため、様々な家族向けイベントが行われているようです。例えば、スキー場では子供のリフトチケットが半額になっていたり、フェリーは子供は無料で乗船できます。また、バンクーバーのアートギャラリー(美術館)では、家族向けのツアーやお絵かきイベントが行われており、ロブソンスクエアのアイスリンクでは、無料でスケートの貸し出しがされています。そして、サイエンスワールドでは旧お正月(Chinese New Year)にあわせ、蛇型の紙ちょうちん作りのイベントが開催されています。家族でのお出かけを推奨する日にあわせたイベントが盛りだくさんですね!

ちなみにこのファミリーデイは、1990年にアルバータ州で始まり、その後サスカチュワン州、オンタリオ州などに広がった祝日ですが、カナダ全域の祝日ではありません。現在では、既述の3州に加え、マニトバ州やプリンスエドワード島州にも2月に祝日がありますが、マニトバ州では"Luis Riel Day"、プリンスエドワード島では"Islander Day"と呼ばれています。そして、2月の第2月曜日がファミリーデイに設定されたBC州以外では、2月の第3月曜日が祝日となっています。しかし、ケベック州、ニューブランズウィック州、ノバスコシア州、そして3つのテリトリー(ユーコン領、ノースウエスト領、ヌナバット領)では、2月に祝日はありません。そのため、政府機関で働く人々は、ファミリーデイがある州でも、働かなければなりません。

言ってみれば、大阪は祝日で休みだけど東京は祝日ではなく、福岡は次の週に祝日がある・・・という状況なので、祝日が州ごとに設定されているなんてちょっと変ですよね?(笑)まぁ与えられたお休みはお休みとして、ありがたく堪能することにします♪
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/279

« 前の記事「世界で2番目に不動産が高い街」  |  次の記事「Good-Bye Penny!」 »