カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの生活コスト > Good-Bye Penny!

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

Good-Bye Penny!

2013年2月12日

t_li-penny-death-620.jpg

ちょうど1週間前の2月4日、カナダにおける1セント(ペニー)の歴史が幕を閉じました。ローヤル・カナディアン・ミント(造幣局)が、ペニーの流通を停止したため、今後おつりでペニーをもらうことは一切なくなり、カナダからペニーの存在が消えていくことになります。



どうしてペニーが無くなったのかと言うと、1セントのペニーの制作費が1.6セントもかかってしまっていたからです。カナダ政府はペニーを廃止することで、年間CAD1100万ドル(約10億円)の節約になると考えています。

ペニーがなくなった今、支払いの際には一の位が四捨五入されることになりました。例えば、CAD1.01ドルもしくはCAD1.02ドルの場合はCAD1ドルに切り捨てられ、CAD1.03ドルもしくはCAD1.04ドルの場合はCAD1.05ドルに切り上げられるという具合です。ですが、この四捨五入は現金での支払い時にのみ適用されます。クレジットカードやデビットカードでの支払いでは、今までどおりCAD1.23ドルならCAD1.23ドルの支払いとなります。今までもペニーは結構適当な扱いを受けていて、ペニーなんて邪魔なだけだからいらないという人が多かったんですが、統計によるとカナダ人の約30%が1セントの廃止を快く思っていないそうです。・・・ということはやっぱり70%はどうでもいいと考えているということですね(笑)。その点日本の母や友人にこの話をしたところ、全員の完走が、「適当すぎるっ!!!(笑)」でした。一の位を四捨五入してしまうだけでなく、支払い方法によって値段が変わってしまうなんてアバウトすぎますよね。さすがカナダ(笑)!

ですがなんと、ペニーの廃止はカナダが初めてではありません。オーストラリアではなんと1964年に、ニュージーランドでは1989年に、アイルランドでは2000年に1セントが廃止されています。現在でも1セントが残っているのはアメリカとイギリスのみとなってしまいました。1858年から続くカナダのペニーの歴史が幕を閉じるというのは少し寂しい気もしますが、これも時代の流れということなんでしょうか・・・?
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/280

« 前の記事「記念すべき第一回『ファミリーデイ』」  |  次の記事「新年快樂!!」 »