カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > カナダの通信事情 > 緊急事態には911

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

緊急事態には911

2012年9月28日
日本の緊急通報用電話番号は、警察が必要な場合は110、救急や消防の場合は119ですが、カナダでは警察・救急・消防すべて『911(Nine-One-One)』で繋がります。

『911』に電話すると、緊急応答機関(Public Safety Answering Point、略称PSAP)に繋がり、緊急通報専門の電話交換手が警察(law enforcement/police)か、救急(ambulance)消防(fire)かと訊ねますので、状況に合わせて何が必要かということをまず伝えます。それから場所や状況、通報者の名前と電話番号などを伝えれば良いようです。

この『911』という番号は、カナダだけでなく、アメリカやコスタリカ、パラグアイ、ウルグアイなど南アメリカの国々や、ヨルダン、リベリアなどの国でも緊急通報用電話番号として使用されています。また、カナダとアメリカでは改良型911システム(Enhanced 911)が導入されているため、固定電話から911に電話すると、緊急応答機関に電話がかかった時点で通報者の位置が表示されるようになっています。このシステムは、不法侵入者がいた場合や誘拐、家事など、通報者が電話口で通話することができない場合などに大変役に立ちます。

その代わり、いたずら電話なんてしてしまったら、電話主の場所がすぐにバレてしまい、悪質ないたずら電話だとみなされた場合は罰金もしくは禁固刑になります。いたずら電話の主に罰金や禁固刑などが課されるのは自業自得だとしても、緊急事態だと思った警察や救急がその場所に出動するという事態にもなりかねませんので、『911』への電話は絶対に緊急時のみにしてくださいね。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/41

« 前の記事「バンクーバーのエチオピア料理レストラン:Harambe」  |  次の記事「9月が終わりますね」 »