カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの気候 > 記録に残る降雨量の少なさ

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

記録に残る降雨量の少なさ

2012年10月 7日


数日前の記事で、今年の9月はいい天気が続いたと軽くお話ししましたが、ちょうどタイムリーな記事が新聞に載っていました。なんと、今年の8月及び9月の2か月間は、記録的な降雨量の低さが観測されたようです。

今年の8、9月の2か月間は1896年に気象学者がバンクーバー地区の気候の観測を始めてから、降雨量が最も少ない夏だったようで、観測された2か月の合計降雨量は、7.9mmだったそうです。例年の平均降雨量が93mmだそうなので、それと比べると本当にぜんぜん雨が降っていないことがわかりますね。今年は雨の降り始めが遅く、天気がいい日が続いていてラッキー!と漠然と思っていたんですが、まさか記録を破る勢いだったとは・・・。

通常は夏に発生する高気圧帯が9月ごろから崩れ始めるため、9月は天気が悪い日が多くなる季節なんですが、今年はその高気圧帯がいまだに停滞しているため、雨季の始まりが遅れているそうです。また、この高気圧帯はもう少し停滞するとみられており、今週のサンクスギビング(感謝祭)の週末も晴れ模様が予想されています。今週末明けまでと言わずにもっともっと記録更新してほしい!と思っていますが、きっとそうもいかないんでしょうね。(笑)

CIMG7756.JPGちなみに、私の部屋の窓の真ん前には大きなメープルの木が立っています。去年は夏が終わると、紅葉なんてスキップして、葉っぱが雨とともに見る間に全て落ちてしまったのですが、今年は葉っぱがゆっくりと黄色くなっていく様がとってもステキです!
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/58

« 前の記事「新システム『コンパス』の導入予定」  |  次の記事「メガ・コミック・コンベンション」 »