カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの街角 > スタンレーパークのコヨーテ

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

スタンレーパークのコヨーテ

2013年2月22日
バンクーバーではリスやスカンク、アライグマなどを街中でも見かけることができますが、このところほぼ毎日コヨーテがスタンレーパークで見かけられているそうです。コヨーテとはオオカミの近縁で、オオカミと犬の間みたいなイヌ科の動物です。私はノースバンクーバーの車道でコヨーテに遭遇したとがあります。完全に犬だと思って、犬が一匹でうろついているなんて珍しね~と友人に言ったら「コヨーテだよ」とさらりと言われてびっくりしたのを覚えています。(笑)

コヨーテはリスなど野生の小動物を捕食しており、通常臆病な動物で人などに近づくことはありませんが、人がエサなどを与えることにより、人前に姿を現すことに慣れ、小型犬などのを襲う可能性が増えると心配する人々もいます。実際に2009年にはコヨーテが紐につながれていない小型犬を連れさるという事件が起こっており、その際はコヨーテを射殺処分しなければならなかったそうです。スタンレーパーク周辺に住む住民は、コヨーテの問題に関して、市が対応をしていないと不満の声を上げている人もいます。

コヨーテを見かけた際は、腕を頭上に上げて大きく見せ、大きな物音を出すとともに、小型犬や子供などは抱きかかえるようにしてください。また、走って逃げることはしないようにしてください。そして、エサを与えるのが厳禁なだけでなく、野生動物が食品ゴミなどをあさるのを防ぐため、ゴミは指定の場所に捨てるようにしてくださいね。
hi-bc-121206-coyote-6col.jpg  

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/288

« 前の記事「バンクーバーが世界都市ランク5位に!」