カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの移住ビザ事情 > Coopビザ詐欺

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

Coopビザ詐欺

2012年11月14日
前回の記事の通り、学校側にも問題点があったとはいえ、「Coopビザ詐欺」は、生徒や留学斡旋業者(エージェント)などが学校や移民局を欺くことです。例えば、ワーキングホリデービザがもうすぐ切れてしまうけど、カナダにはもうちょっと残りたいという人たちが、語学学校のCoopプログラム(英語+インターンシップ)に登録し、授業料を払うことで学校からのレターを得、それでCoopビザを申請します。そして、Coopビザが出たら、学校には一切来ずに仕事だけする。授業料が支払われているのでそれでも良しと目をつぶる学校も多々ありましたが、Coopビザは「就学+就労」がセットなもので、就労がプログラムの50%以上になってはいけないという決まりがあるため、これは完全にブラックです。

さらにはエージェントがビザの延長に困っている人たちに「XXドル支払って学校に登録すれば働けるビザが得られる」と吹き込み、「学校には行かなくても大丈夫」とまで言っていたところもあったそうです。また、生徒の学校初日ギリギリもしくは初日を過ぎてから学校側に授業料を支払うエージェントが多数あったため、まずは生徒の登録を済ませて学校側からCoopビザ申請用証明レターを得てビザを申請し、本当はビザが下りているのに「ビザが下りなかったから生徒は来ない」もしくは「なんらかの理由で留学がキャンセルになった」という理由で、生徒がエージェントに支払ったお金は一切学校側に渡ることなくエージェントが持ち逃げというパターンがありました。これなんか完全に真っ黒です。

結局Coopビザ保有者が次にビザの延長をしようとした際や、移民申請しようとした際に、学校側から修了所や出席証明書などが出ないため、申請ができないなどの問題が起こります。でも学校側の人間である私からしてみれば、自・業・自・得!!!後から泣きついてきてもしりません。こんなことをされると、学校側も責任を取らされるので本当に迷惑です。 

みなさん、ビザというのは「そんなルール知らなかった」じゃ済まされません。自分のことなのでしっかり自分でも調べて理解していないとだめですよ!
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/156

« 前の記事「Coop就労ビザの問題」  |  次の記事「高級車を乗り回すバンクーバーの人々」 »