カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの気候 > バンクーバーの気候

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

バンクーバーの気候

2012年9月17日
カナダと言えば「寒い!雪!」というイメージを持っている方がほとんどだと思いますが、バンクーバーの気候は「マイルド」と言われています。それは、1年間の平均気温差が他の都市に比べて小さいからです。例えばモントリオールは、夏は35度を超える日も多く、日本と同じようにむしむしとした気候ですが、冬は打って変わって極寒の地。マイナス30度を超える日もあります。それに比べ、バンクーバーは冬は0度を下回ることはあまりなく、夏は30度を超える日が珍しい。年間寒暖差が60度もあるエクストリームなモントリオールに比べ、バンクーバーの気候はやっぱり「マイルド」なんです。

マイルドな気候故に、イギリスの経済紙「エコノミスト」を発行するエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)による「世界で最も住みやすい都市」の上位に常にランクインしているバンクーバーですが、長く住んでみるとマイルドな気候に物足りなさを感じてしまいます。

例えば夏、湿気がなくからっとした気候のため、朝夕の冷え込みが激しく、日中暑い日でも木陰に入れば肌寒いと感じることもしばしば。カナダに来た当初は、じめじめしていないし、涼しいし、バンクーバーの夏って最高!と思っていましたが、今では「暑くない夏なんて、不完全燃焼だ!」とすら思ってしまいます。

そしてそんな夏も終わり、9月に入ってからは急激に気温が下がりました。おかげでつい最近まで目を見張るような緑だったメープルの木も黄色味がかってきてしまいました。バンクーバーの秋は短かく、すぐに冬がやってきます。冬の気候についてはまた今度お話しするとして、夏に未練を残しつつ、私はそろそろ冬支度を始めたいと思います。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/14

« 前の記事「バンクーバー情報」  |  次の記事「バンクーバー在住の日本人率」 »