カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの観光スポット > バンクーバーの観光スポット1: オリンピック聖火台

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

バンクーバーの観光スポット1: オリンピック聖火台

2012年9月19日
バンクーバーで2010年冬季オリンピックが開催されたのを覚えていますか?オリンピック中は街中がフェスティバル色に染まっており、いろいろなところでフリーコンサートやイベントなどが開催されていました。

世界で初めて屋内アリーナでの開催となった開会式では聖火が点火されるはずの聖火台に不具合が生じ、4本の柱が起き上がるはずが3本しかあがらなかったなんてハプニングがありましたが、最終ランナーのウェイン・グレッツキーがアリーナ内の聖火台に聖火を灯した後、トラックの荷台に乗って(笑)、アリーナから車で5分ほどの場所に設置された聖火台にも聖火をともし、「世界初★オリンピックで2つの聖火台を灯した走者」となりました。

そんな聖火台が、今でもバンクーバーのダウンタウン内、コンベンションセンターの横に残されています。この聖火台、オリンピック開催時はまわりに工事現場で使われるようなフェンスが立てっていて近寄れず、写真を撮るのもフェンスの隙間から・・・ということでかなり不評だったんですが(笑)、今ではフェンスもなくなり、間近で写真撮影もできます。

聖火台が設置されている場所からは、美しいノースバンクーバーの町並みが一望でき、水上飛行機の離着陸なんかも見ることができます!また、夜になると青と緑の光でライトアップされています。そんなバンクーバーの観光・写真スポットである聖火台、英語では「Olympic Cauldron(カルドロン)」と呼びます。場所がわからない場合は、"Where is the Olympic Cauldron?"と聞けばOK!バンクーバーにお立ち寄りの際は、ぜひ聖火台まで足をお運びください!

CIMG1852.JPG

 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/23

« 前の記事「時間にルーズなカナダ人・・・。」  |  次の記事「バンクーバーのタクシー基本情報」 »