カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの街角 > クリスマス時期の郵便事情

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

クリスマス時期の郵便事情

2012年12月15日
今日、日本から届いた小包を引き取りに郵便局に行ってみると、クリスマスプレゼントやカードを送る人でごった返していました。それもそのはず、今週はカナダ国内で最も郵便物が多い時期だそうです。昨日の記事で、アボッツフォード市警が斬新なクリスマスカードを犯罪者に送ったというニュースを取り上げましたが、日本の年賀状と同じで、カナダではクリスマスカードを送る習慣があります。

カナダの郵便局であるカナダポストは木曜日が2012年で一番郵便物の取り扱い数が多い日だったそうです。カナダポストは、今年のクリスマス時期にカードや手紙、小包などクリスマス関連の郵便物が10億個以上郵送されると見込んでいます。クリスマス時期には、大体55万個ほどの郵送物が毎日郵送されているそうですが、クリスマスが近くなると70万個ほどに増え、それが12月22日まで続くそうです。

FedExは今週の月曜日が1年で一番忙しい日となったそうで、約1900万個ほどが国内外へ郵送されるそうです。リッチモンドのバンクーバー国際空港近くにあるFedExの事務所では、この日は朝から300人の従業員が仕分け作業などに従事し、配達係は1日に市内の50以上の配達区画を受け持つそうです。

日本だと次の日までに配達とか、時間指定での配達とか、非常に優秀で確立された郵便配達のシステムがありますよね。でもカナダの郵便局って、仕事が本当に適当で、何か送っても届くまでにすごく時間がかかってしまったりするため、全然信用なりません。そんな郵便局がこんなに多くの郵便物をちゃんと配達できるんでしょうかね?(笑) まだクリスマスカードやプレゼントを送っていない人は、早めに送った方がよさそうですよ!
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/222

« 前の記事「カナダのタバコ事情」  |  次の記事「カーリー・レイ・ジェプセンのコンサート」 »