カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの交通事情 > 橋が多いメトロバンクーバー

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

橋が多いメトロバンクーバー

2012年11月24日
メトロバンクーバーには橋が非常に多いです。ダウンタウンと周辺市町村をつなぐ橋だけでも4つあります。そして、橋の老朽化に対応するため、いたるところで橋の補強工事や架け替え工事などが行われています。

フレーザー川にかかるポートマン橋は、サーレー市とコキットラム市をつなぐ重要なルートですが、常に渋滞が起こっていた古いポートマン橋に取って代わる橋を建設すべく2008年8月に開始されたプロジェクトはCAD33億ドルが投資されたそうです。今年の9月18日には東行き3車線のみが開通していましたが、12月1日からあと5車線の通行が始まり、片側4車線の合計8車線通行となるそうです。最終的には10車線となる予定で、完成すると北米で最も幅が広い橋となるそうです!現在まで橋の通行は無料でしたが、12月8日からは有料になるそうです。そして古い方の橋は、新しいポートマン橋が完成されたら取り壊されるそうです。

ポートマン橋の完成は間近ですが、トランスリンクは、2018年までにサーレー市とニューウエストミンスター市をつなぐパトゥーロ(Pattullo)橋もかけ直したい意向です。パトゥーロ橋は50年の寿命を念頭に置いて設計されたものですが、現在で建設後75年もたっています。また、現在の耐震基準に満たないため、橋の補強・復旧工事が計画されています。しかし、補強・復旧工事にはCAD1億5千万ドルほどかかると見られており、橋のかけなおしにはCAD10億ドルが必要だとみられています。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/182

« 前の記事「垂直農園で栽培された野菜の販売開始」  |  次の記事「日本とカナダの認識の違い:クマー vs Pedobear」 »