カナダ バンクーバー 生活

カナダ(バンクーバー)生活 > バンクーバーの街角 > BC州沖合で大型地震発生

■プロフィール

小春

各国の生活

■カテゴリー


詳しくはこちらで
名字
メールアドレス

BC州沖合で大型地震発生

2012年10月29日
ハロウィンの週末で、多くの人がパーティーなどで浮かれていた10月27日土曜日の午後8時すぎ、BC州ハイダ・グワイ地域マセットから139km沖でマグニチュード7.7の地震と、それに続くマグニチュード5.8の余震が発生したと、アメリカ地質調査所(United States Geological Survey; USGS)が発表しました。それに伴い、北米西海岸沿いやハワイなど広範囲に渡り津波警報が出されましたが、BC州沿岸の津波警告は、日曜日未明に解除されました。

ハイダ・グワイ地域ではかなり大きく揺れたようで40秒ほど続いたと言われる振動で、棚などからものが落下したり、停電が起こった所もあったようです。また、同地域のランガラ島では最大69cmの高波が観測されました。この地震によるおおきな被害は出ていませんが、サンドスピット、ベラベラ、プリンス・ルパートなど少なくとも3市町村で津波避難勧告が出されたようです。メトロバンクーバーでも、揺れを感じた人が大勢いたようです。私は昔から地震には結構鈍感で、案の定今回もまったく気づきませんでした...。

カナダ天然資源省によると、今回の地震は1958年にBC-アラスカ国境付近で発生したマグニチュード7.9の地震以来の大きさで、その9年前の1949年にもクイーン・シャーロット島の西でマグニチュード8.1の地震が発生していたそうです。また、1700年1月にはバンクーバー島沖でマグニチュード9.0の地震が発生していたということからも、今回の地震がもっと大きな地震に繋がるのではないかと不安は増すばかりです。

今月初めにBC州全域で地震の避難訓練が行われたばかりですが、体感できる地震をめったに体験した事がないカナダ人が、本当に地震を体験する事になってしまいました。頭では地震のリスクを理解していても、実際に体験すると認識が変わりますよね。私も地震の恐怖と災害に対する準備の大切さを再認識させられました。
 

トラックバックURL: http://www.tabi-net.net/mt5/mt-tb.cgi/113

« 前の記事「カナダ警察が巨大な大麻生産場を発見」  |  次の記事「渋滞が多い街バンクーバー」 »